top of page

主なカスタム項目

●ボディサイズ

 ボディサイズは、ギターボディの形です。ギターの音量、抱えやすさ、見た目などに影響します。

​ エアーズのアコギは「スモール・ジャンボ(SJ)」「オーディトリアム(A)」「ドレッドノート(D)」「オーケストラモデル(OM)」「L-00」の五種があり、さらにカッタウェイの有無などをご選択いただけます。

 ボディサイズに悩まれる場合は、演奏スタイルや弾きたい曲などをご相談ください。

​ 下はスモールジャンボとオーディトリアム、オーケストラモデルのボディサイズ比較です。

SJ ボディ サイズ目安
Aボディサイズ220221_edited.jpg
A ボディ サイズ目安
OM ボディ サイズ目安

ボディシート ダウンロード

 各ボディサイズ(カッタウェイ有る無し)のスタイルシートをPDFでダウンロードできます。

​ 形、デザイン、インレイへご要望がある場合などにご利用ください。

ボディサイズ

●トップボード

 ボディのトップ材です。音色、また見た目に大きく影響します。

 7種のトップ材があります。

 ハワイアン・コアはサイド・バック・トップをすべてコアにする「オールコア」の場合にのみ、トップ材として選ぶことができます。

​ 主なトップ材

OM09A-CX OTS JP Custom (2021-12) 09.jpeg

​ベイクド・アディロン

SJ09P-CX OTS NH Custom 12.jpg

​アルパイン・スプルース

SJ09-CX KOA NH Custom 11.jpg

​ハワイアン・コア

●サイドバック

 ボディのサイドとバック材です。音量、音色、レスポンス、また見た目に大きく影響します。

 サイドとバックは同じ材を使います。12種からお好みのサイドバック材を選んでください。

 

​ 主なサイドバック材

SJ09-CX KOA NH Custom 08.jpg

​ハワイアン・コア

A06P-C DX OTS NH Custom (2022-03) 04.jpg

フレイム・メイプル

SJ09E-CX JP Custom(2021-01)  04.jpg

ココボロ

A08A-CX OTS JP Custom (2021-12) 04.jpg

ベトナム・ローズ

●ヘッド形状

 ヘッド(ギター上部の糸巻きのついている部分)の形です。

SJ09A-CS OTS NH Custom 14.jpg

ビンテージ

SJ04-CX OTS ESN JP Custom (2022-03) 05.jpg

​プレミアム

D08P JP Custom 2020-02 05.jpg

20周年

OM08A-C Style42 OTS NH Custom (2021-04) 15.jpg

スクエア(鋭角)

●フィンガーボードエンド

フィンガーボード(指板)の下部(サウンドホールとの接触部分)の形です。

A07-C 1996 Cedar Silver Grass OTS JP Custom (2022-06) 09_edited.jpg

ビンテージ

OM08A-CSESNNHCustom2020-03-07_edited_edited.jpg

プレミアム

SJ04-CX OTS ESN JP Custom (2022-03) 07_edited.jpg

20周年

●ヘッドプレート

ヘッドの表、また裏に木材を貼ります。裏は貼らずにそのままにすることもできます。

A06P-CX CAT OTS NH Custom 06.jpg

バックプレートなし

SJ09P-CX OTS NH Custom 06.jpg

バック ローズウッド

​●バインディング

角を強化するためにいれる木材です。木材の色合いを変えることでデザインにも影響します。

OM08A-X OTS NH Custom (2020-09) 05.png

ヘッドと指板のバインディング箇所

SJ07-C 1996 Engelman OTS JP Custom (2021-03) 09.png
SJ07-C 1996 Engelman OTS JP Custom (2021-03) 10.png

トップ・サイドバックのバインディング箇所

SJ06E-CX Cat ESN JP Custom (2022-03) 12_edited.png

メイプルにローズウッドの

バインディング

D09A Mg ESN OTS ESN JP Custom (2021-12) 05_edited.jpg

ヘッドにメイプルの

バインディング

A09A-CS NH Custom (2018-10) 07_edited.jpg

ココボロにコアの

バインディング

●コンター(ベベル)

ボディの一部を面取りすることで、演奏時に手が届きやすくなり、またギターの角が体や腕に当たらないようにします。​

​コンターの材は、基本的にボディのバインディングと同じものを使います。

SJ06E-CX Cat ESN JP Custom (2022-03) 11_edited.jpg

カッタウェイ・コンター

​ハイフレットに届きやすい

SJ06P-CS CAT ESN JP DX Custom 2019-11-07_edited.jpg

アームレスト・コンター

​右手が弦に届きやすい

A06P-C DX OTS NH Custom (2022-03) 13_edited.jpg

バックアップサイド・

コンター

●パーフリング

ギターの縁取り飾りです。バインディングの近くに入っています。

ヘッド&指板・トップ・バック・サイド・バックセンターの5箇所があります。

SJ04-CX VINE OTS ESN JP Custom(2020-07) 09_edited.jpg
D08P Style45 JP Custom (2020-09) 04_edited.jpg

アバロン・パーフリングが

​バックとサイドに入っている

バックのセンターには木組細工(ウッドモザイク)

D08A-CX Kadomatsu NH Custom (2022-06) 11.jpg

指板にアバロン・パーフリング

バックセンターラインについてさらに詳しくは newhill.co ギターブログもあわせてご覧くださいませ。

●ペグ

糸巻き、ヘッドマシーンです。エアーズジャパンではGOTOH ゴトーのペグを採用しています。

ボタンカラーの変更、その他メーカーペグをご希望の場合はご相談くださいませ。

SJ04A-CX-ESN JP Custom(2019-10)06.jpg

GOTOH 301 Chrome

D08P Style45 JP Custom (2020-09) 06.jpg

GOTOH 510 Gold

SJ05-CX-NH-2018-05-06.jpg

GOTOH 301 GOLD/BLACK BUTTON

●インレイ

ギターを装飾する嵌め込み細工です。貝や木を埋め込み、絵・ロゴなどを描きます。ヘッド・指板・トップ・ブリッジに入れられます。

貝はMOP(真珠母貝)、アバロン(アワビ貝)で、ポジションマークのスモールドットなどはどちらかを選ぶことができます。​

イメージや絵・写真などからデザイナーにインレイ・デザインを描き起こしてもらうことも可能です。サイズ、緻密さによって価格が変わるため、詳しくはご相談ください。

 

インレイ・デザインの一部をご紹介します。

指板 ポジションマーク・インレイ

IMG_0061_edited.jpg

ポジションマークなし

sj04-cx-esn-k-01_edited.png

スモールドット(3mm)

D08P JP Custom 2020-02 01_edited_edited.jpg

ダイヤモンド

OM08A-C Style42 OTS NH Custom (2021-04) 01_edited.jpg

スノーフレークス

指板 デザイン・インレイ

SJ09P-CS NH Custom (2019-05) 07.jpg

メイプルリーフ​(ウッド)

SJ05E-X Butterfly NH Custom (2018-10) 09.jpg

​バタフライ

Ayers%20SJ07-CX%20SAKURA%20OTS%20JP%20Custom%2007_edited.jpg

サクラ

SJ05-CX NH Custom (2017-10) 09.jpg

​ベトナムサクラ

SJ04-CX%20VINE%20OTS%20ESN%20JP%20Custom(2020-07)%2009_edited.jpg

バイン​(アバロン)

SJ09-CX KOA NH Custom 09.jpg

ツリー・オブ・ライフ

IMG_7905.jpeg

イーグル​

ヘッド デザイン・インレイ

SJ05-CX NH Custom (2018-10) 05.jpg

​カティサーク

A07-C 1996 sitka silver grass OTS JP Custom(2021-03) 11.jpg

​シルバーグラス

Ayers L00-08A Wild Cat OTS JP Custom 03.jpg

ワイルドキャット

ギャラリーでもインレイを紹介しています。

​ぜひご覧ください。

●​ピックアップ SuperNatural

 エアーズギターにはブラッドレイ・クラークの最新作であるピックアップ SuperNatural を搭載することが可能です。

 SuperNaturaは作成されたギターそれぞれの特性に合わせて調整し、出荷されます。

 オプションとしてピックアップの有無をご選択ください。​

​ アクセサリページのピックアップ SuperNatural のページでより詳しくピックアップの特徴をご紹介しています。

SN03.jpg

●​仕上げ塗装

 仕上げ塗装は、ヘッドとボディが「艶出し」か「艶消し」か選ぶことができます。ネックは基本艶消しです。

 また、PUポリウレタンの他にシェラック下地+NCラッカーが選択可能です。

 シェラック下地+NCラッカー仕上げ塗装について

 マーチンやGibsonのギターは一貫してニトロセルロース・ラッカー(Nitrocellulose Lacquer)系塗料を採用しています。その理由は音質向上のためです。日本の手工ギターもほぼ例外なくラッカー系塗装と言えます。
 それに対してテイラーを初めラリビー、フォルヒなどはPU(ポリウレタン)系塗料を採用しています。

 NCラッカーかPUポリウレタンか? 音質の良さはNCラッカーですが、塗装の強さはP Uです。ラッカーのメリットとデメリットを表にしてみました。

※1ラッカーでも塗装の厚い場合とPUでも薄い場合では薄い方が音質は抜けの良さを感じられます。

※2 塗装には大きく分けて3種類あります。艶出し、艶消し、オープンポア。オープンポアが最も薄く、次に艶消しが薄く、艶出しの順になります。音質を最優先する場合には、薄い塗装が有利です。

※1 簡単に言えば音を取るか?価格と便利さを取るか?という問題になります。
※2 ボルトジョイントで繋ぎのネック材にカーボン補強などのギターの場合NCとPUの音の差があまり目立たないという場合もあります。反対にAyersなどのダブテイル・ジョイント、ワンピースネック材の場合は塗装の品質と厚みに敏感に反応し、容易に音の違いを聞き分けられます。

シェラック塗装(フレンチポリッシュ)

 高級クラシックギターの塗装はほとんどがシェラックです。薄い塗膜を重ねるため、NCラッカーが8-10回塗装するとしたら、シェラックだけで仕上げる場合40回ほどの回数が必要になり、時間とお金がかかります。

IMG_2864.jpg
IMG_2867.jpg

シェラック下地を手塗する。

 そして、その塗膜が柔らかいために軽くぶつけてもすぐに傷がつく弱さがあります。しかし、音質は最も良いと言われます。

 さらに、杢目の見える視野角度を広げるバイオリンのニスをシェラック塗料に混ぜたものがあります。
 例えば5Aのフレイム・メイプルの虎目は角度により見えたり見えなかったりします。それをこの塗料を下塗りする事でどの角度から見ても虎目が見えるようになり、杢目の迫力が大きく増します

IMG_0425.jpg

左はPU ポリウレタン、右はシェラック下地にNCラッカー仕上げ

IMG_0429.jpg

シェラック下地がない場合、杢目が見える視野角度が狭く、ある角度では虎目が見えるが、ある角度では見えにくい。

IMG_0431_edited.jpg

シェラック下地にNCラッカー仕上げだと、どの角度でも虎目が綺麗に見え、海岸の波のような深みがあり、ギターの存在感が違う。

 このシェラック塗料を下塗りに使い、その上にNCラッカーで仕上げる事で音の良さ、杢目の美しさ、塗装の強さを得る事が出来ます。

​ シェラック+NCラッカー塗装は、以上のように見た目の美しさ、音の良さなどの利点があります。しかし、やはり非常にウェザーチェック(塗装のひび割れ)が入りやすく、デリケートな塗装です。

 ウェザーチェックが苦になる方にはお勧めいたしません

​ 塗装で迷われた場合には、お気軽にご相談ください。

以上、ご紹介した他にもカスタム可能な場合がございます。

ぜひお気軽にご相談くださいませ。

基本的なフル・カスタム・オーダーの方法と手順をご紹介します。​

基本的なフル・カスタム・オーダーの方法と手順をご紹介します。​

フル・カスタム・オーダーに関してよくある質問と答えをご紹介します。

フル・カスタム・オーダーの納期についての注意事項です。​オーダー前に必ずご確認ください。

基本的なフル・カスタム・オーダーの方法と手順をご紹介します。​

実際にフル・カスタム・オーダーをされた購入者様のお声をご紹介します。

bottom of page