top of page

ナット&サドルの弦高調整

よりギターの音色を響かせるための、ナットとサドルの調整方法とポイントについてご紹介します。


1,サドルの調整方法


●サドル調整のポイント

 サドルは最も音質に影響のあるパーツの一つです。サドルの底面は必ず完全なフラットに仕上げる必要があります。

​ そのためにも必ず工具を使うことをおすすめします。


ナットサドルサンダー

オリジナルナットサドルジグ




●SuperNatural Pickup搭載モデルの弦高調整について


 スーパーナチュラル・ピックアップ(以下SN)はサドル・スロットの中の6つのセンサーで音を拾います。



 それを吊り下げるネジが両サイドにあります。

 そのネジを避けるようにサドルは加工されています。


 そのため、弦高を下げるためにサドルの底面を0.2mm削る場合は、両サイドの部分も0.2mm削る必要があります。





2, 弦高の測定の仕方


 「弦高」は、12F の弦の下側からフレットの頂点まで距離を測定します。



ものさしなどで測ります。


この写真は12F 弦高が2.5mmという事です。











3, 弦高に関わる他の要素



●ギターの弦の太さ(ゲージ)による違い


 1弦の太さを基準にしてゲージをこのように表現します。

 表示単位はインチです。※25.4mmをかけるとミリになります。


  .010…エクストラ・ライトゲージ

  .011…カスタム・ライトゲージ

  .012…ライトゲージ

  .013…ミディアムゲージ



 弦が細いほど振幅は大きくなります。

弦の振幅のイメージ図

 つまり、弦が細いほど弦高(弦が動けるだけの空間)が多く必要となるのです。

 逆に、弦が太い程、弦振幅は小さくなるので弦高を下げられます。


 Ayersギターは弦ゲージが .011の場合には 6弦が2.5mm 1弦が2.0mmで調整されています。

​  .011でも 2.4-1.9mm は可能です。


 もしもさらに 2.3-1.8mm にまで弦高を下げたい場合は .012ゲージを使うことをオススメ致します。




●ネック反り


 ネックの反りもまた弦高調整において重要な要素です。

​ 弦高調整の際にはネックの状態を確認し、必要であればトラスロッドの調整を行います。


 トラスロッド調整により12Fの弦高が変わるので、ネックの反りを調整した後にサドルの調整をするようにしましょう。



ネックの反りを説明する言葉

 日本語ではよくネックの「順反り」「逆反り」と表現しますが、英語や中国語ではいくつかの表現方法があり統一されていません。


 ここでは世界的サプライヤーSTWEMACの表現を少しご紹介します。



straight

ストレートなネック

(真っ直ぐな状態)



slight Up-bow

僅かな順反り

ネック・リリーフとも

(わずかにヘッド側が上がっている)



up-bow

順反り

(ヘッド側が上がりすぎている)



Back-bow もしくは reverse curve

逆反り

(ヘッド側が下がりすぎている)

 アップボウバックボウという言い方が定着したら呼びやすいように思います。


 順反りや逆反りの状態ではギターを正常に弾くことができません。



ネック反りと弦高の調整

 ネックには僅かな順反り(slight up-bow) が必要です。

</